ビジネスでの言葉の使い分け

社会人になったら学生では使わなかった言葉を使わないといけないことってたくさんあるのですが、学生が社会人になっていきなりビジネス言葉を利用しようとしても難しい場合が多いので、社会人になったら少しずつビジネス言葉を覚えていきましょう。


基本的にビジネス言葉というのは、目上でも同い年くらいでも丁寧な言葉使いをするのが基本中の基本になります。
どのような年齢に対しても友達との会話で使うような普通の会話口調で話してはいけません。
基本中の基本と言われているのが、敬語を使いこなすことよりも、「丁寧に言い回しをすること」がとっても大切になってきますので、社会人1年目の人は敬語をたくさん覚えるよりも言葉を丁寧に言うことを覚えるようにしましょう。


丁寧に言葉を喋ることをしっかり理解してから、敬語を覚えるようにしましょう。
丁寧に言葉を喋ることを理解することができれば、相手にしっかり伝わるようになります。
相手に伝わることがとっても大切なことなのです。
丁寧に喋っていると相手に伝われば、ビジネスシーンでも商談成立することが多々ありますので、丁寧に話せることがうまく出来てきてから敬語を覚えるようにしても問題ありません。


どのようなビジネスシーンであっても、基本的には語尾にしっかりです・ますを付けることを意識しながら、普段使っている言葉をビジネスシーンに使える練習をするだけでも、見違えるほどビジネスシーンに強くなれる自分に生まれ変わるようになれます。


▽特集
独立開業したい方の為のフランチャイズ募集サイトです > フランチャイズ